Denger!福島県東部の汚染地域


https://spreadsheets.google.com/spreadsheet/pub?hl=en&key=0AjgQ0pwrXV8YdGJORHAzdi1qMlFldUMwRkl4V3VfN0E&hl=en&gid=1

上記は今までの放射性セシウムの累計堆積量です。

もはや福島は測定不可能なレベルです。もうダメです。

福島東部は人が住めません。将来を捨てたい人、余命が短い人、死にたい人、人柱と鳴りたい人、放射能被ばくをしたい人はどうぞご勝手に。

全部東電と政府のせいです。恨むなら奴らを恨んでください

Denger!福島県東部の汚染地域

福島東部は住めません。そして野菜や魚も全部ダメです。放射性セシウムは半減期が30年ですから自然に消滅するまで100年単位の年数が必要です。チェルノブイリ周辺は900年住めません。それを考えれば福島も今後数世紀はもうダメなことがすぐわかるでしょう。これは歴然たる事実です。

2011/05/19 23:34 共同通信
福島県は19日、県内で採取したヤマメやワカメ、ムラサキイガイから食品衛生法の暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を上回る放射性セシウムを検出したと発表した。いずれも基準値を超える検出は初めて。このほか、ワカサギやシラス(カタクチイワシ)でも基準値を超えた。福島県によると、伊達市の阿武隈川支流で17日に取ったヤマメから990ベクレルを検出。県は漁協を通じ、釣り人らに対し、同市内の阿武隈川本流、支流でのヤマメ釣りを当面の間、自粛するよう要請した。今後、周辺の河川でも調査を続ける。

2011/11月移行
福島県では米の収穫時期になって、続々とセシウムが検出されています。まさしく東海テレビがおふざけでやった 「あやしいお米 セシウムさん」 の状態なのです。福島市の渡利地区、大波地区、隣接の伊達市など、あれだけゆるゆるで核戦争時にしか適用されない暫定規制値を大幅に超越したセシウムが検出されてるのです。


ガイガーカウンターには最高級品から安いものも


ガイガーカウンタ高ければ、借りてみるって方法もある。