カリウムサプリで放射性セシウムを排出

原発自体は落ち着きを見せて、新たな放射性ヨウ素が飛び散る可能性は低くなっています。しかし放射性セシウムはいたるところに飛び散りました。遠く長野や山梨、静岡の山間部にも降り注いだことがわかり、その下流の神奈川や東京、静岡、愛知まで放射性セシウムが流れ着いているのです。これから日本は放射性セシウムの対策をしなければならない時代となってしまいました。しかし残念なことに殺人政府は福島の牛や牛乳を他県に出荷したり、混ぜたりしているため、拡散がどんどん広がり、もはや日本人すべてが対策をしなければいけなくなってしまったのです。

【カリウムでセシウムを予防】
そこで対策として使えるのがカリウムサプリです。実は人体はカリウムとセシウムがあるとカリウムのほうを優先的に取り込む性質があります。このため予め高いカリウムを摂取しておけば、ヨウ素剤のほうに新たに放射性セシウムを取り込むことが少なくなるのです。もちろんカリウムは梅干しや果物(バナナ)、海藻類にも含まれているので、食べ物からの自然摂取こそ理想的です。しかし汚染されてない食べ物を毎度見つけるのも難しいのが現状です。無駄な被ばくを避けるためにも、できればカリウムサプリを摂取しておきたいものです。市販されているサプリは、ほぼすべてが安全基準を満たしているので、ヨウ素カリウムのように多量摂取が問題になることもありません。

 

【カルシウムでストロンチウムを予防】
また、同様のことがカルシウムにもいえます。カルシウムとストロンチウムであれば、人体はカルシウムを体に取り込みます。つまり栄養価の高い状態、健康体であることが一番の予防ってことにもなるんです。

 
 
 

 

中部大学の武田邦彦教授:
「万が一体内に入ってしまったときは“カリウム”を摂ることです。カリウムという栄養素は神経や筋肉を形成する栄養素ミネラルの一種です。放射性セシウムが体内に取り込まれたときにカリウムが不足していると、カリウムの代わりにセシウムが吸収されてしまいます。

政府:
「ただちに健康に影響ありません」

カリウムサプリで放射性セシウムを排出



カリウムを含む食品TOP10
こんぶ(乾) 5300
わかめ(素干し) 5200
とろろこんぶ 4800
ひじき(乾) 4400
切干だいこん(乾) 3200
パセリ 1000
アボカド 720
ほうれん草(生) 690
納豆 660
大豆(ゆで) 570

 

 

ガイガーカウンターには最高級品から安いものも


ガイガーカウンタ高ければ、借りてみるって方法もある。