10ミリ被ばくの子供の100人に1人は死ぬ

シーベルト単位の癌死人数

上の図はSv:シーベルト単位当たりの癌死者数を年齢別に表示した図です。もちろん隠蔽政府はもとより、腐ったマスゴミでも公開されてません。これによると1万人が1Svの被曝をした場合、統計学的に(=10万人が100mSv=100万人が10mSv被曝) と同意味。

放射線ガン死年齢依存性
10mSv(10ミリシーベルト)被爆で…
0歳 1.5%
10歳 1.0%
20歳 0.40%
50歳 0.005%

これだけの死者数が予測されるのです。

10歳までにおよそ2%が死にます。

20㍉シーベルトどころか10㍉シーベルトでも死者がかなりの数予測されるのです。政府お抱えの科学者は癌発生率は1%上がる程度だから問題ないとほざいていましたね。たとえ1%でも分母が大きくなれば重大な人数になります。福島の子供たちが仮に100万人ほど被ばくしていたら、1~2万人もの癌死者が出るのです。ガン発症ではありません。死者です。つまり実際にはこれ以上の人数がガンになります。

また10㍉シーベルトという基準ですが、これは20㍉シーベルトが安全だとがほざいていた文部科学省が以前の発表で宣言していた数値です。素人が勝手にほざいているものではなく、まともだった時の文科省自身が発表しています。

しかしこの期に及んで、政府や教育委員会は被ばく耐性が低いこどもの給食にすばらしき福島の野菜を提供してくれています。まさに人体実験、もしくは殺人行為でしょう。

【神奈川県5月給食使用野菜】
http://www.ygk.or.jp/syokuzai/pdf/kyushoku-santi05.pdf

10年後の福島は地獄絵図。馬鹿な親や教師を恨む時代になる

 

ガイガーカウンターには最高級品から安いものも


ガイガーカウンタ高ければ、借りてみるって方法もある。