イランの核施設爆発を報じない日本のマスゴミ

日本のマスゴミはもはやマスメディアの形をなしていません。自分たちに都合のいいことばかりを放送し、ちょっと政府や企業から要請(圧力ってレベルでない程度)がきたぐらいですぐに放送を変えてしまいます。

2011年11月28日、情勢が悪化し続けるイランで核施設へのスパイの侵入が噂されたところで爆発が起きました。情勢が情勢なだけに核爆発などを否定できない状況です。しかし日本ではこういった世界的に重要なことを一切放送せず、録画放送を生放送と偽って放送する始末です。もはや頭の悪い人しか見るべきではないメディアです。

2011/12/1:英紙タイムズ
英紙タイムズは30日、イラン中部イスファハンの核関連施設で28日に爆発が起きたと伝えた。同紙が入手した施設の衛星写真などを基に報じた。爆発の原因や被害の詳細は不明だが、同紙は施設が何らかの攻撃を受けた可能性もあるとしている。イラン政府は爆発を否定したという。同紙は、爆発は偶発的な事故ではないとするイスラエル情報機関筋の見方も伝えた。イランでは12日に首都テヘラン近郊にある武器庫で爆発が起き、イラン指導部の親衛隊的性格を持つ革命防衛隊のメンバー30人以上が死傷した。  

イランの核施設爆発を報じない日本のマスゴミ

ガイガーカウンターには最高級品から安いものも


ガイガーカウンタ高ければ、借りてみるって方法もある。